モーターサイクルコート編

モーターサイクルコートのビフォーアフター。 オーバーサイズが好きですがあまりに大きかったのでrebornしました!! もともとシングル仕様のロングコートですが、 フロントにボタンを追加してダブルっぽくお直ししました。 ダブル仕様にしたので重なりが増えた分 ウエストで一周20㎝以上サイズダウン。 あとはアームを幅で3㎝小さく。 別物のコートに生まれ変わりました!

レディースデニムパンツ編

最近増えてきたデニムのお直し。 今回は女性のデニム編です。 ビフォア―のゆるゆるシルエットをタイトフィットにreborn致しました。 ウエストからヒップ、 モモから裾まで大胆に細くし ウエストと裾部分は切りっぱなしに。 デニムもここまで変わります。 お試し下さい。 因みにコラムでもより細かくご説明しております。 こちらをクリック

ダブルジャケットからシングルジャケットへ変更

お気に入りのブランドとグレーが好きなお客様。同じジャケットを2着買ってしまいました。 同ブランドのシングルジャケットを参考にダブルからシングルにReborn. 同じダブルのジャケットを2着持っているので、イメージを変えてシングルジャケットに変更。 お客様のご要望に応えるべく、職人と試行錯誤した裾のRラインを決めて上手くまとまりました。

全体にサイズダウン

鎌田ディレクターが裏原宿でショップをオープンしていた時代に取り扱っていたエルメスのダッフルコート。年代が一周回って今.また着たい気分です。ただ、このままでは古い物を引っ張り出して着ている痛い人になるのでブラッシュアップします。 今の時代感を考慮して肩幅、脇幅、袖丈、袖幅 着丈を調整。 ダッフルコートは本来、漁師の仕事着として用いられ、ゆったりとした着心地が持ち味ですが、肩幅はフードとの繋がりと切り替えのバランスを考慮し、切り替えデザインも調整して詰めたり、身幅はポケットとフラップ移動してバランスを調整。これで (Reborn)生き返りました。

丈詰めのアイディア

カットしてしまうと長く履きたい気分の時にはどうにもなりません。 折り返して脇に長めのグログランテープをつけてREBORN。その日の気分や靴に合わせて折り返しの幅を変えれば違った印象になります。アレンジで楽しみながら、自分のベストな丈を見つけていくのもお勧めです。

着丈詰め

インターナショナルスクールのプロムパーティ用で購入したドレス。 「着丈が長いのはもちろん、何となくバランスがとれない」とご相談。 着丈詰めを切替えのライン上で詰める事により上半身のバランスを小さく、素敵な柄のスカートをより強調しスタイルアップしたドレスへREBORN。

ヴィンテージのコートの全体的なサイズダウン

素材のくたり感だけを活かし、身幅・袖幅・衿幅・エポレットのサイズを調整。 衿やエポレットを調整する事で、大きすぎる上半身のシルエットを適度にREBORN。 くたり感がより引き立つサイジングになりました。 コートの場合、ジャケットを着てその上に羽織るか、それともカジュアルにニットで合わせるか。 お客様一人一人とカウンセリングをしながらどのサイズで仕上げるかを決めていきます。