Mr.feniceMr.fenice instagram LINE@

Information

【高級品を賢く手に入れ自分仕様に】

阿知良(あちら)です
秋の匂いを感じる日々ではありますがまだまだ暑い日が続きます。
そんな折、最近増えている特徴的なFenice Closet(フェニクロ)の使い方をご紹介致します。
Mr.Feniceこと鎌田ディレクターがコラボイベントや自分達の着なくなった洋服をお願いしている高円寺のサファリさんにご挨拶の際に見つけて衝動買いしてきたKiton のレザーブルゾンです。
かなりお値打ち価格だった様です。
以下がお直しまでの過程です。

着丈が5cm長いのと袖丈が6cm長いのが気になります。
裾にゴムが入っているのと大きめのアウトポケットを移動するとレザー素材なので跡が残ります。
袖口のスリットも3cmしか残らないのでかなりデザインが変わってしまいます。
そこで‼️

着丈と袖丈を肩から詰めることにしました。
襟を外し、フロントファスナーを上からカットして肩傾斜も鎌田Dに合わせてライン調整しました。袖丈も肩から詰めたので袖幅が細くなるので肩先削ってアームホールを合わせて自然に繋ぎました。
かなり大掛かりなお直しでした。


今年はレザーにウールタックパンツが気分です。

当ビル3階のSalon de Mr.FeniceでもSANNINOのレザーブルゾンとRotaのウールパンツコーディネート展開中です。

この事例はレザーブルゾンでしたが古着屋で探す、お気に入りやアウトレットやセールで見つけたお買い得品を自分仕様にREBORN(生まれ変わる)させてみませんか。
多少のサイズ違いやデザインの好み違いも大丈夫です。しっかりとご相談に応じます。

皆様もリフォームする前提の価値ある衝動買いを楽しんではいかがでしょうか。

2018.09.04コラム

FAQContact

Instagram
閉じる