Mr.feniceMr.feniceinstagram

Information

鬼の居ぬ間に(笑)

阿知良です。

本年もよろしくお願い致します。

うちのオーナー兼ディレクターの鎌田が年明けから海外逃避行中(笑)なので鎌田が発注し、

年末に仕上がってきました最新のMr.Feniceジャケットを居ないのを良い事に内緒で着てみました。

あれ?やっぱり‼

鎌田は猫背なので姿勢の良い私が着ると柄が歪んでしまいます。

横から見ても柄が背中に向けて下がってしまっているのが分かりますね。

こんな感じなのに気づかず既製品のチェック柄のジャケットを着た御仁をよく見かけます。

袖丈や着丈の様に自分で判断しにくい補正なので気づかない方が多いです。

大柄のチェックは特に目立つのでお直しをお勧め致します。

特にセンターベントやサイドベンツが開いてしまうのやヒップ上に横ジワができてしまうのもこれが原因と考えられます。

試しにピンで余り分をつまんでみました。

身体に比べ、ジャケットの背中が長いのが原因なのでこれを取り除かなくてはなりません。

裾から後ろだけ着丈詰めしても柄が歪んだままになってしまいます。

なので上衿と肩線と袖を外し、余り分を背上から削ってしまいます。

すると、前に押しやられていた脇線も後ろに引き戻され真っ直ぐになります。

どのくらい変わるのか仕上りをお見せしたいのですが勝手に直したら怒られてしまいます(汗)

今回のお直しは税抜16,000 納期は約1ヶ月になります。

かなり効果を感じられるお直しですので気になる方は是非ともご相談下さい。

特に写真の様な大柄チェックやストライプ柄の上着にはマストなお直しです。

お見積りだけでもどうぞ。

Mr.Feniceでオーダーの場合はこのような補正も必ず加えますので安心してください。

このジャケットについてちょっと。

こちらの生地はカシミヤストールで有名な英国のJohnstonsに鎌田が直接依頼して織りあげたカシミヤ100%の生地を使っています。

ストールの肌触りに近い風合いの生地です。

肌触りもさることながら、仕立て映えする流行に左右されない生地なので是非ともお勧め致します。残り2着分ございます。



お仕立上り料金

マシンメイド       税抜250,000

上衿・袖付ハンドソーイング税抜300,000

日本での取扱いはMr.Fenice限定になります。

その他Johnstonsカシミヤ10%ウール90%生地も2着分ご用意しています。

2019.01.06コラム

FAQContact

Instagram
閉じる